ナース 求人 仕事

更新日:2014/07/31

整形外科への看護師さんの転職のコツ

 

・スポーツブーム、健康志向
・高齢化、特に一人暮らしの高齢者の増加

 

これらが医療業界に与えた影響をご存知ですか?

 

それは、整形外科への巨大なニーズです。

 

整形外科の、他の科と異なる大きな特徴として、
整形外科にかかるほどの状態になった場合、

 

一人では生活が困難となるケースが多いという点が挙げられます。

 

体そのものは健康でも、脚の筋を痛めて
歩行も難しい…という方もたくさんおられますよね。

 

私の聞いた話によると、患者数は内科に次いで多く、
それで病院も医師も不足しているとか。

 

それは看護師でも例外ではなく、いや、
介護など幅広い対応を迫られるお仕事な分、
看護師が不足している点の方が
解決されるべきなのかもしれません。

 

そのため、整形外科への看護師転職が、
今増加しており、今後も増えると見込まれているらしいです。

 

今一般的に行われている転職でメインの方法は3つ。
それぞれメリットもあり、

 

 

・ハローワークなど求人情報の利用

 

紙媒体などで見られる、また
自分の好きな時に閲覧しに行けるというメリットが。

 

 

・知り合いから紹介してもらう

 

勤務先の確かな情報を得てから
転職を決められるというのはかなりの強みです。

 

また、紹介というのは、他の人と
争うことなく入職できるということでもありますし。

 

 

・看護師専門の就職支援サイト「ナース人材バンク」

 

 

こちらの方法が、近年特に人気と言われているようですね。

 

こちらなら、忙しくてもコネが無くても利用できますし、
「ナース人材バンク」専門のアドバイザーなどが
転職就職をサポートしてくれるからです。

 

「ナース人材バンク」では面接の日取り調整などが面倒なことが予想されますが、
そういった細かい調整も一手に引きうけてくれるそうです。

 

整形外科、と「ナース人材バンク」の検索条件をしぼって、
よりシャープな活動もできますし。

 

 

といったかんじのようです。

 

整形外科を希望するならば、それに応じた
転職活動・就職活動をすれば、仕事先はすぐに見つかりそう、
とも言えますね。

 

 

 




人生山あり谷あり看護師人生

整形外科のクリニックで働いています
私は現在、看護師をしています。とはいっても、人生山あり谷ありでここまでこれたのですが。。。

 

私は以前、大きな病院の一般病棟で看護師をしていました。数年働いたのち、結婚を機に退職をしました。
出産もし、子供の面倒を見るため、専業主婦になりました。また、数年たち、子供も大きくなりました。

 

手のかからない立派な大人になり満足でしたが、私の中で、もう一度働きたい、という気持ちが芽生えてきました。
しかし、病棟で働くとなると夜勤もあるし、一応主婦な私には無理。。。。看護師としてはもうはたらけないのか、
普通のスーパーのパートなんかをするのもちょっとなぁ、、、なんて思っていました。

 

やはり、資格を活かして看護師がしたかったのです。そんな時、ナース人材バンク という転職サイトで整形外科のクリニックの
募集を見つけました。日勤のみ、夜勤なし、とても魅力的でした。
しかし、私は病院で整形外科を経験していたわけではないので、ダメもとで「ナース人材バンク」の求人に応募し、面接を受けました。
すると、みごとに採用!!!!!

 

一般の病棟での経験があれば問題ないとのことでした。
いざ、働きだしてみると、特別新しい知識もいらないし、病棟で働いていたようにすいすい仕事をこなせるように
なっていきました。

 

クリニックなので日勤のみ、休みもしっかりあるという勤務形態なので主婦業の方もおろそかにならずにすんでいます。
整形外科なのでそんな重症な方も来ず、先生の処置の介助や、患者さんへの対応と仕事自体も楽です。
そしてみなさん、だんだんと症状が回復し、通院しなくてもいいようになっていくのです。患者さんも喜びますが
私たち看護師もとてもうれしいのです。

 

こんなことなら最初から整形外科ではたらいてればよかったな、と思うこともあります。
整形外科であれば、退院していく方がほとんどですし、どの科で働くか迷ってる看護師さんがいたら、整形外科を
おすすめしたいですね!!!!

 

ナース人材バンクで見つけられてよかった〜